女性ドクター

がんの転移を防ぐ|適切な治療と正しい知識が大切

医者を悩ませる細胞の性質

病室

がんの厄介なところは転移することです。血液やリンパ節に乗って癌細胞が体の他の部位に移動するのです。早期発見した段階で既に転移している可能性もあるため、手術後の治療は転移先に目星をつけて、治療をすることになります。

この記事を読む

免疫機能の衰えには要注意

病院

誰でも体内にがん細胞がありますが、免疫機能が衰えるとがんを発症するのです。手術などで細胞を取り残すと再発したり転移します。腫瘍ができた臓器や部位によって転移しやすくなります。血管やリンパ腺が集まっている所に発症すると可能性が高いのです。転移を防ぐには免疫機能を高め、漢方や鍼灸を受けるのも効果的です。

この記事を読む

必ずしも治療だけでない

手

治療法は慎重に検討

がんの最も恐ろしいのは転移です。血液やリンパにがん細胞が乗って全身をめぐり他の臓器に転移することが、がんの最も恐ろしい特徴でもあります。転移を防止することはできません。しかし転移しにくくするような工夫は可能なのです。転移は血液やリンパに乗ることで生じます。がんがまだ成長していない状態であれば、血液やリンパに届いていないためがん細胞が他の臓器に移る手段はないのです。しかし進行してリンパなどに到達することで転移のリスクは初めて発生します。しかし転移しない性質のがんもあるため、一概にすべてに同じ危険性があるわけではありません。移るかどうかは医者にもわからないのですが、手術などで体の細胞に傷つけることによってリスクを増加させてしまうこともあるのです。

切除しない選択肢もある

手術をせずに共存する方法もあります。もし仮にがん細胞が転移性質を持っていないのであれば、その場所の進行だけになります。日常生活に支障をきたすような症状が出ない限り共存することも可能になります。万が一転移性質を持っていた場合には、その進行を手術するよりも遅らせることが可能になります。手術することで進行を早めることにもなりますのでこれも日常生活に支障をきたすようになるまで共存することも可能になります。延命を第一に考えるのであれば、手術をしない選択肢の方が寿命を長くすることも可能になります。放射線治療や化学療法など体にメスを入れない方法でじっくり治療することも一つの方法です。最近では、自分の免疫細胞を利用した免疫療法という治療も開発されており、新たながん治療として注目を集めています。

悪性腫瘍の再発を防ぐには

患者と先生と看護師

がんは治っても転移が起こりやすく、そのための治療には、これまで抗がん剤や放射線が用いられてきました。しかし最近は免疫療法が注目されています。この方法は、自分の免疫細胞を培養して注入するやり方で、副作用が少ないので体に負担を与えません。また、抗がん剤や放射線療法と組み合わせることも可能です。

この記事を読む